忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 吉村達也 > スイッチ

スイッチ ( 吉村達也 )

 吉村達也著「スイッチ」を読んだ。
 スピーディーな展開とサスペンス調の物語を楽しむエンターテインメントホラー。

スイッチ (角川ホラー文庫)
スイッチ (角川ホラー文庫)
著者:吉村 達也
出版社:角川書店
出版日:2004-01
おすすめ度:
Amazon.co.jp で詳細を見る
※2010/2/24:追記訂正

あらすじ

 三年前、矢木沢奈美絵は自殺した。杉浦茉莉と矢沢拓己に向けた怨嗟の遺書をパソコンに表示させたまま。
 しかし偶然起こったアパート隣部屋から出火した火事で、焼死体として発見された。高熱で変形したノートパソコンとともに……。

 杉浦茉莉が、最近綺麗になったと言われだし、自覚するようになってから一年。
 整形をしたのかと両親が疑うほどの変化で、周囲でも整形疑惑が囁かれていた。
 しかし事実に反することで気にならず、自分でも理由がわからなかったし、美貌への変化に満足していた。

 矢沢拓己は、同僚の高校教師飯島から追求されて血の気が引いていた。
 彼の受け持ちの女子生徒とグアムに行くことや、男子生徒を含めた三角関係を指摘されたからだ。
 さらに飯島は、十年前、矢沢が杉浦茉莉と矢木沢奈美絵を二股にかけたことを喋り始めた。

 ある日、後輩の有紀は、突然茉莉に自殺について質問しだし、オバケの話を始めた。
 取り憑かれた幽霊に『スイッチ』した看護婦長の話を。

感想

 背筋が寒くなる怖さはなく、ホラーを楽しむエンターテインメント作品。
 話の展開はスピーディーで読者を飽きさせず、ジェットコースター的な印象を受けた。
 カバーデザインが怖さを漂わせているので、夜中に読むと怖さが増して良いかもしれない。

 物語は、単に自殺した八木奈美絵の幽霊が……というだけでなく、矢木沢奈美絵と杉浦茉莉、二人を二股にかけた矢沢拓己の三人が、徐々に絡み合っていく様子は緊迫感に富んでいる。
 サスペンスの要素にも富んでおり、飯島が同僚矢沢の過去の二股を知った原因、名古屋から東京へ移ってきた矢沢の過去などが、明らかになっていく。

 また中盤から登場する謎の女性マナミの存在も、物語に不確定要素を生みだし、読者をジェットコースターの頂点へと運び上げる。

 少々無理が感じられる部分と結末の定番感はあるものの、総じて楽しめるホラー小説だ。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]