忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 宮部みゆき > かまいたち

かまいたち ( 宮部みゆき )

 宮部みゆき著『かまいたち』を読んだ。
 人間の悲しき性を浮き彫りにする四編の短編集。

 お気に入り度:★★★★

かまいたち 内容紹介(裏表紙より)

 夜な夜な出没して江戸市中を騒がす正体不明の辻斬り“かまいたち”。人は斬っても懐中は狙わないだけに人々の恐怖はいよいよ募っていた。そんなある晩、町医者の娘おようは辻斬りの現場を目撃してしまう……。
 サスペンス色の強い表題作を始め、純朴な夫婦に芽生えた欲望を描く「師走の客」、超能力をテーマにした「迷い鳩」「騒ぐ刀」を収録。宮部ワールドの原点を示す時代小説短編集。

 江戸の町に起こる怪現象。
 それらの怪異が、人間の悲しき性を浮き彫りする。
 人の犯した罪が怪異で語られるものもあるが、中には本当に不思議な出来事もある。
 しかし、この世に起きる不思議な出来事も、人間の強い感情が作りだしたものなのかもしれない。

 この短編集では、怪異を通して人々の豊かな人情を味わえた。
 そのうえ、次に何が起きるのか、謎にはどんな秘密が隠されているのか、という絶妙なミステリーにページをめくる手が止まらなかった。
 時代小説でも宮部作品の味わいは変わらないようだ。

【かまいたち】
 正体不明の辻斬り『かまいたち』の意外な正体と、人の悲しき性。

【師走の客】
 金でできた蛇の置物が忽然と消えた謎と、欲を出した夫婦の悲喜。

【迷い鳩】
 お初が霊感を持つきっかけとなった出来事と、一人の男を愛した女の深い悲しみ。

【騒ぐ刀】
 人を魅了し、持つ者を狂わせる妖刀と、妖刀と戦う不思議な犬。

 ところで、【迷い鳩】と【騒ぐ刀】に登場する霊感少女・お初は、のちに「震える岩―霊験お初捕物控」「天狗風―霊験お初捕物控(二)」の主人公として登場する。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]