忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 宮部みゆき > 夢にも思わない

夢にも思わない ( 宮部みゆき )

 宮部みゆき著『夢にも思わない』を読んだ。
 女の子に清らかさを求める思春期の男の子にとって辛い現実が。

 お気に入り度:★★★

夢にも思わない 内容紹介(裏表紙より)

 毎年、九月末になると「白河庭園」が行われる、虫聞きの会。もう二十年近くも続いているという、そんな風流な催しに、僕が行く気になったのは、一にも二にもクドウさんのためだった。毎年家族で訪れているというクドウさんと偶然を装って会うはずだった。それなのに……。――殺されたのはクドウさんの従姉だった。事件は思いがけない方向に進んでいき無責任な噂があとを絶たない。僕は親友の島崎と調査をはじめた!

 中学一年の僕と、将棋部のエースで親友の島崎が事件の真相を明らかにしていく少年探偵風ミステリー。

 前作『今夜は眠れない』では、僕の母に寄贈された五億円遺産をめぐって、家庭は崩壊寸前。
 僕は、親友島崎の明晰な頭脳を借り、母の知られざる過去を明らかにして、なんとか家庭崩壊は免れた。

 ところが、今回は僕の心が崩壊寸前。
 毎年行われる『虫聞きの会』へ行き、偶然を装って大好きなクドウさんに会うつもりだった。
 ところが、クドウさんの従姉が殺されたことで、計画も水の泡。
 色々な噂が飛び交う中、真相究明に乗り出した僕と島崎だったが、大好きなクドウさんの意外な一面を見る。
 女の子のしたたかな部分を目の当たりにして、僕の心は崩壊寸前なのだ。

 女の子に清らかさを求める思春期の男の子にとって、辛い現実が描かれている作品。
 好きだった女の子のしたたかな部分を見せつけられ、幻滅してしまう僕が描かれている。
 それだけに男としては、少々後味が悪い。

 とはいえ、クドウさんの行為は自己保身からくるもので、一概に責めるには可哀想だ。
 そういう女性の強かさの許容が、男の器の大きさにつながるんだろうけど、女の子に清らかな幻想を抱く思春期の男にとって、刺激が強すぎるかも知れない。
 このあたり、女性の著者にしては、男心の脆い部分を絶妙についている。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]