忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 宮部みゆき > 長い長い殺人

長い長い殺人 ( 宮部みゆき )

 宮部みゆき著「長い長い殺人」を読んだ。
「財布」が語り手となり話しが進んで行く異色の物語。

長い長い殺人 (光文社文庫)
長い長い殺人 (光文社文庫)
著者:宮部 みゆき
出版社:光文社
出版日:1999-06
おすすめ度:

 登場人物の「財布」が語り手となり話しが進んで行くという、ちょっと変わった小説だが、宮部色は消えていないのでもちろん面白かった。

 この本を読んでいくにしたがって、だんだん「模倣犯」に似ているなと感じだした。
(正確には「模倣犯」が似ているのだが、模倣犯の方を先に読んでいるので)
 頭は良い(と自分では思っている)が自尊心が強い殺人犯、それを裏で操っている保険金殺人の犯人。マスコミにもてはやされる犯人。
 などストーリー自体は別物だが、登場人物の輪郭がなんとなくそういう印象を受けさせたのかもしれない。

 ストーリーの最後で「裏で操っている保険金殺人の犯人」が出てこなくなったので、ちょっと物足りなく感じもしたが、スッキリ読み終える事ができた。

 今度は「あかんべえ」。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]