忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 宮部みゆき > R.P.G

R.P.G ( 宮部みゆき )

 宮部みゆき著『R.P.G』を読んだ。
 理想の疑似家族、エゴと苦悩の現実家族。

 お気に入り度:★★★

R.P.G 内容紹介(裏表紙より)

 ネット上の疑似家族の「お父さん」が刺殺された。その3日前に絞殺された女性と遺留品が共通している。合同捜査の過程で、「模倣犯」の武上刑事と「クロスファイア」の石津刑事が再会し、2つの事件の謎に迫る。家族の絆とは、癒しなのか? 呪縛なのか? 舞台劇のように、時間と空間を限定した長編現代ミステリー。宮部みゆきが初めて挑んだ文庫書き下ろし。

 インターネットの掲示板上で「疑似家族」を作っていた男性が殺され、その3日前には女性が絞殺。
 遺留品が共通しているという二つの事件の謎を追うことで、ネット上の家族ごっこの人間関係を描き出した作品。
 理想の家族を求めてネット上に構築した疑似家族と、殺人事件を描くことによって、現実の家族関係に潜むエゴと苦悩を鋭くえぐっている。

 家族のあり方を深く考えさせられる作品であるものの、宮部みゆき得意の、謎を知りたいという欲求を刺激するミステリーを期待すると、肩すかしを食らう。
 裏表紙の内容紹介に、『模倣犯』の武上刑事と、『クロスファイア』の石津刑事が登場とあるが、どちらの作品も最高に面白かった作品だけに、逆にハードルが上がってしまったような印象を受けた。
 そもそもこの作品は、『模倣犯』や『クロスファイア』とは違ったテーマの作品であるだけに、この二作品の登場人物を登場させてしまったのは、著者のミスかもしれない。
 また、家族の本質を浮き彫りにするために、ネット上に疑似家族を作っているが、これは「R.P.G(ロールプレイングゲーム)」ではなく、シュミレーションゲームだろう。そういう訳で、タイトルもミスマッチだった。

 ところで、著者は、あとがきで次のようなお詫びを述べている。

 地の文のなかに真実ではない記述があるという、ミステリーとしては大変基本的なルール違反をしている部分があります。これに関しては、作者はもちろん確信犯ですが、ラストまで読んでいただいて「えー、ウソ!」とお怒りをかう場合も、もしかしたらあるかもしれません。先にお詫びしておきます。ごめんなさい!

 確信犯というからには、真実でない記述をしたことに何か意味があるのだろう。
 もともと、この作品がミステリー主体というより、家族の本質を浮き彫りにすることが明確に感じられたため、ルール違反は気にならなかった。
 本格的なミステリーで、著者が読者を出し抜いて喜んでいないかぎり、これもありかなと思う。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]