忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 小野不由美 > 十二国記

十二国記 ( 小野不由美 )

 追記:2012/9/17
 十二国記シリーズが新しくなって、新潮社から順次刊行されている。
 イラストは、講談社のホワイトハート版にもイラストを描いている山田章博氏なので、ホワイトハート読者にも違和感はないはず。今回は新たな装画と新たな挿絵が追加される。
 裏表紙と背表紙には、全巻そろえたくなるような凝った装丁がなされているという、力の入れよう。
 さらには、オリジナル短編集(「丕諸の鳥」、「落照の獄」、書き下ろし短編)と、完全書き下ろし長編の新作二冊が新たに出版される。
 十二国記ファンなら涎ものの企画だ。

 ちなみに、このあたらしい出版では、『魔性の子』が十二国記の序章という位置づけになっている。
 しかし初めて十二国記を読むなら、『魔性の子』は以下の説明のように、「黄昏の岸 暁の天」の後に読むことをお薦めします。
 ところで新しい『魔性の子』には、イラストが入っているようなので、非常に気になる。

 小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト

 小野不由美著「十二国記」シリーズにはまっている。
 実際「十二国記」というタイトルの本はないが、シーリーズ物として小野不由美氏が書いている小説。
 ジャンルとしてはファンタジーで、この手のジャンルが苦手な私でもはまってしまった。

 概要としては、
 我々の世界とは別に、十二の国が存在する世界がある。
 それぞれの国の王は、麒麟によって選ばれ、国を統治。
 麒麟は、王の政に間違いがあれば、たちまち病となり、
 王の政に間違いがあれば、麒麟はたちまち病となり、王が道を正さないかぎり麒麟は死んでしまう。
 そして麒麟が死ぬと、王も死んでしまう。

 このような世界が、我々の世界と微妙に絡み合いながら(十二国記の世界からは、日本は蓬莱(ほうらい)、中国は崑崙(こんろん)と呼ばれている)、十二国のある人物を主人公に(それぞれの巻によって違う)、ストーリーが展開していくもの。

 ちなみに十二国記はNHKにてアニメ化された。(小説とは若干ストーリーが違う部分があるが大筋は同じ)
 [NHK教育テレビにて2004年4月8日(木) AM0:00?0:30 毎週木曜 再放送開始]

 十二国記はシリーズ物としての順番付けがないため分かりづらいが、以下表の順(ほぼ刊行順)に読むといいと思う。
「魔性の子」は十二国記シリーズとして刊行されていないが、「黄昏の岸 暁の天」の外伝的内容になっているので、「黄昏の岸 暁の天」の後に読むことをお薦めします。

 十二国記の文庫本は、講談社文庫と講談社X文庫ホワイトハートの二種類がありますが、X文庫ホワイトハートは表紙にイメージイラストと文中に挿絵があり、こちらがオススメ。

【十二国記関連サイト】

十二国記シリーズ 講談社X文庫―ホワイトハート版
小野不由美
 by G-Tools
(1)(2)(3)(4)
月の影 影の海〈上〉
月の影 影の海〈上〉
 講談社X文庫
月の影 影の海〈下〉
月の影 影の海〈下〉
 講談社X文庫
風の海 迷宮の岸〈上〉
風の海 迷宮の岸〈上〉
 講談社X文庫
風の海 迷宮の岸〈下〉
風の海 迷宮の岸〈下〉
 講談社X文庫
(5)(6)(7)(8)
東の海神 西の滄海
東の海神 西の滄海
 講談社X文庫
風の万里 黎明の空〈上〉
風の万里 黎明の空〈上〉
 講談社X文庫
風の万里 黎明の空〈下〉
風の万里 黎明の空〈下〉
 講談社X文庫
図南の翼
図南の翼
 講談社X文庫
(9)(10)(11)(12)
黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉
黄昏の岸 暁の天〈上〉
 講談社X文庫
黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉
黄昏の岸 暁の天〈下〉
 講談社X文庫
魔性の子
魔性の子
 新潮文庫
華胥の幽夢
華胥の幽夢
 講談社X文庫
スポンサード リンク

コメント

そ、そうですよね~。終わってました。もしもの時を想定して、昨日ビデオテープ買いに行ったのですが残念です。

昨日「理由」が届きました。「分厚い!字数が一杯!」さすが800円!?最近見ているだけで気持ちの良い「ビジュアル系」の本が多かったので何だか重く感じました。でも、読み始めると止まらない。6月にある色彩検定の試験勉強とデジハリが気になりつつ・・・。
 
中間課題見せて頂く日を楽しみにしております。アイロ。
アイロ 2004/04/09 ( 金 ) 09:15:15
おはようございます。
かなり忙しそうな毎日なんですね。そんな中でのデジハリ学習は大変だと思いますが、頑張ってくださいね。

再放送は8日AM0

好きなキャラクターは特にいないですね。
映画や小説もそうなんですが、フィクションものはストーリーに気持ちが向いてしまうので、人物などには特別な興味は湧かないんですよ。
とく URL 2004/04/08 ( 木 ) 09:42:17
こんばんは、アイロです。私は、多忙な毎日でテレビはほとんど見てません。情報は仕事に行く時に車で聞くFMと、新聞パラパラ・・・です。タイミングよく、明日から再放送なので見ることにしました。とくさまは、好きなキャラクターとかいるのですか?楽しみにしています。
アイロ 2004/04/07 ( 水 ) 23:34:55
※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]