忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > カテゴリー別記事 > 荻原浩
荻原浩 記事一覧

あの日にドライブ ( 荻原浩 )

 荻原浩著『あの日にドライブ』を読んだ。  過去の自分とか別の人生とか、そんなものは今の自分じゃない。  お気に入り度:★★★ あの日にドライブ 内容紹介(裏表紙より)  牧村伸郎、43歳。元銀行

サニーサイドエッグ ( 荻原浩 )

 荻原浩著『サニーサイドエッグ』を読んだ。  ヤクザ相手にキメるハードボイルドに拍手。しかしTPOが絶妙にずれたキメゼリフが滑稽で、つい吹きだしてしまう。  お気に入り度:★★★★★ サ

ハードボイルド・エッグ ( 荻原浩 )

 荻原浩著『ハードボイルド・エッグ』を読んだ。  キめればキめるほど滑稽に。動物捜しの依頼ばかり探偵と、44年生まれのダイナマイトバディ秘書のドタバタの探偵物語。  お気に入り度:★★★★

神様からひと言 ( 荻原浩 )

 荻原浩著『神様からひと言』を読んだ。  会社のためじゃなく自分のために仕事をしよう!  お気に入り度:★★★★★ 神様からひと言 内容紹介(裏表紙より) 大手広告代理店を辞め、「珠川食

メリーゴーランド ( 荻原浩 )

 荻原浩著『メリーゴーランド』を読んだ。  お役所仕事の描写が見事。これだけイライラさせられるものはない。それを跳ね飛ばす主人公の奮闘と、テーマパーク再建に奔走する登場人物たちの姿が気持ちよい。面白

コールドゲーム ( 荻原浩 )

 荻原浩著『コールドゲーム』を読んだ。  精神的に傷つけるイジメは犯罪でなく、肉体的に傷つける復讐が犯罪という線引きに感じる、割り切れない気持ち。  お気に入り度:★★★★ コールドゲー

なかよし小鳩組 ( 荻原浩 )

 荻原浩著『なかよし小鳩組』を読んだ。  オロロ畑の金欠村おこしから一転、金満イメージアップ戦略は大成功?  お気に入り度:★★★★★  ユニバーサル広告社シリーズ第二弾。 『オロロ畑

オロロ畑でつかまえて ( 荻原浩 )

 荻原浩著『オロロ畑でつかまえて』を読んだ。  金欠ドタバタ村おこしと、父娘のビターチョコな交流。そして恋。  お気に入り度:★★★★★  日本の秘境・牛穴村。人口わずか三百人で、主な産

押入れのちよ ( 荻原浩 )

 荻原浩著「押入れのちよ」を読んだ。 もの悲しさ切なさブラックユーモアとユーモアが入り乱れる怪談小説9編押入れのちよ著者:荻原 浩出版社:新潮文庫出版日:2008-12おすすめ度:powered by

誘拐ラプソディー ( 荻原浩 )

 荻原浩著「誘拐ラプソディー」を読んだ。 人生に行き詰まり子供を誘拐した男が繰り広げる逃走劇が魅力の痛快ユーモア小説。誘拐ラプソディー荻原 浩双葉社 2004-10by G-Tools , 2011

母恋旅烏 ( 荻原浩 )

 荻原浩著「母恋旅烏」を読んだ。まさに一気読み。 大衆演劇役者一家の笑いと涙の物語。母恋旅烏 (双葉文庫)著者:荻原 浩出版社:双葉社出版日:2004-12おすすめ度:Amazon.co.jp で詳細

噂 ( 荻原浩 )

 荻原浩著「噂」を読んだ。  連続殺人犯の正体に迫るサスペンス。最後には衝撃の展開が。 噂 (新潮文庫)著者:荻原 浩出版社:新潮社出版日:2006-02おすすめ度:Amazon.co.jp

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]