忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 荻原浩 > あの日にドライブ

あの日にドライブ ( 荻原浩 )

 荻原浩著『あの日にドライブ』を読んだ。
 過去の自分とか別の人生とか、そんなものは今の自分じゃない。

 お気に入り度:★★★

あの日にドライブ 内容紹介(裏表紙より)

 牧村伸郎、43歳。元銀行員にして現在、タクシー運転手。あるきっかけで銀行を辞めてしまった伸郎は、仕方なくタクシー運転手になるが、営業成績は上がらず、希望する転職もままならない。そんな折り、偶然、青春を過ごした街を通りかかる。もう一度、人生をやり直すことができたら。伸郎は自分が送るはずだった、もう一つの人生に思いを巡らせ始めるのだが……。

 かなり大雑把にまとめると、主人公の牧村はうまくいっていた銀行員時代が忘れられず、しかしいよいよ新たな銀行への転職にありつけそうにないと気づき始めると、もう一つの人生という妄想に浸り、その末にやっと現実に生きることの魅力を発見する、という物語である。

 物語早々に牧村の状況が説明されているので、このあと牧村の環境はどのように変わっていくのだろうかとワクワクしながら読み進めるものの、銀行員時代への執着、別の人生への妄想が長く続いて息切れしそうになる。
 牧村が現実逃避から目覚めるのは物語も後半。現実逃避もそこそこにし、現実を見つめ直して今に魅力を見出す様子がもっと丁寧に描かれていたら、もっと楽しめたと思う。

 そんな現実逃避と目覚めのバランスに不満はあるものの、銀行を辞めて楽観から切迫へと変化していく牧村の心理描写は絶妙で、焦りと不安の入り交じった気持ちが込み上げてくる。
 しかし、その焦りと不安は、過去の自分に戻りたいけど戻れないという気持ちが創りあげていることが次第に分かってくる。過去の自分は今の自分じゃない。現実に生きていることを開き直って受け止めれば、なんと爽快なことか。

 物語は、ユーモラスな調子で描かれており、気分的に重くなりすぎないのも良かった。たびたび描かれる娘とのコミカルな掛け合いはいつ読んでもホッとさせられる。

 実際は、この物語のように現実を見つめたからと言って人生を再発見するとは限らないが、最後に語られる牧村の思いがとても印象に残った。

 通り過ぎた道に、もう一度戻るのは、ちっとも楽しい事じゃない。

スポンサード リンク

コメント

記事へのコメントです。

「本が好き!」 和氣 様

「本が好き!」へのご案内ありがとうございます。
実は、すでに「本が好き!」を利用させていただいています。

「あの日にドライブ」のレビューは、投稿したと思っていましたが、漏れていたようです。
早速投稿しましたので、よろしくお願いいたします。
yososuzume 2017/01/12 ( 木 ) 19:46:32
記事へのコメントです。

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

今回レビューを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューを投稿していただきたいと思いコメントいたしました。
(無料会員制サイトです)

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

弊サイトにはその名の通り、本好きが多く投稿しており、交流することで今までにない本と出会えます。
ご自身のサイトと併用で利用されている方も多いです。
(弊サイトの書評掲載画面に、貴ブログへのリンクを貼ることができます。)

本が好き!では、書評(レビュー)をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。

ご不明点などございましたら以下メールアドレスまでご連絡ください。
waki_masayuki@flyingline.co.jp

どうぞよろしくお願いいたします。
本が好き!運営担当 URL 2017/01/11 ( 水 ) 23:07:11
※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]