忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 荻原浩 > 神様からひと言

神様からひと言 ( 荻原浩 )

 荻原浩著『神様からひと言』を読んだ。
 会社のためじゃなく自分のために仕事をしよう!

 お気に入り度:★★★★★

神様からひと言 内容紹介(裏表紙より)

 大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉涼平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ移動となった。
 クレーム処理に奔走する涼平。実はプライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きている彼の奮闘を、神様は見てくれているやいなや……。
 サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説!

 大手広告代理店を辞め、主人公・涼平が就職したのは食品会社。そこは、同族経営の古い体質が残り、上の顔を窺うごますり上司ばかりだった。

 そんな会社で、意気込んでもトラブルが起きるのは当然のこと。商品開発会議で前職の経験を生かそうと発言したのだが、上司に否定されると、涼平の短気な性格が災いしてトラブルに発展。窓際部署「お客様相談室」へ移動となってしまった。
 今でこそ、顧客が何を欲しているかを知る重要な部署だと認識されつつあるが、それでもお客様からのとんでもないクレームはつきもの。この会社は旧体質の会社だけあって、お客様のクレームを吸収するだけのホコリ取りフィルター的存在なのだ。

 この作品で見応えがあるのが、お客様相談室のやり手クレーム処理係の存在を通して、仕事のやりがいを描いていることだ。見方を変えれば、酷い部署だからこそ良くなる余地が無限にある。仕事のやり方次第で、幸せになれる。そんなことを言っているように思えた。
 ここは酷い部署と回りから言われているものの、そこの人間は仕事にホコリを持っている。主人公に酷い仕事が押しつけられ、一人で奮闘しなければならないような苛酷な状況でもない。彼を導いてくれる先輩がいて、むしろ幸せな環境と言えるかも知れない。

 そんな苛酷な状況を描いた作品に、同著『メリーゴーランド』がある。
 市の運営する赤字テーマパークの再建を任された主人公が、お役所仕事の人たちなかで、一人テーマパーク再建に向けて東奔西走する物語だ。お役所仕事の描写が見事で、非常にイライラさせられつつ、それを跳ね飛ばす主人公の奮闘や、主人公の姿に協力をはじめる登場人物たちの姿が気持ちよい作品だ。
 この作品は、酷い環境からその奮闘によって成功を収めるというカタルシスが魅力だが、随所に描かれているユーモラスも魅力だった。

 本書にも、魅力的なユーモラスがたっぷりとあるおかげで、仕事の話で固くなりがちな物語がぐっと柔らかくなっている。
 本書は、初めて読んだ荻原作品だが、このユーモアに惹かれて、以来名前読みしている作家の一人である。

 この作家は、ドタバタのユーモアと、ホロリとさせる家族愛も得意なようで、『オロロ畑でつかまえて』や『なかよし小鳩組』は、純粋に笑って泣ける作品だ。

 本書が単純に仕事のやりがいを描いただけの作品ではないのは、文庫本の帯に綴られた著者のメッセージを読むと分かる。

『神様からひと言』を書き始めた頃の僕は、この小説でいったい何が言いたいのか、人にはもちろん、自分自身にもうまく説明できませんでした。
 半分ほど書き上げたある日、証券会社をリストラされた友人から、メールが届きました。
「知り合いが自殺した」
 その時に、何を書くべきか、はっきり言葉になりました。
「死ぬな」です。
 会社や仕事なんかのために、死ぬな。
 僕の会社員時代、手ひどいトラブルに見舞われた時や、逃げ出したくなるような決断に迫られた時、同僚のひとりが、よくこう言ってました。
「だいじょうぶ、死にゃあしねぇよ」
 ほんとうにそう。
 死ぬほどつらいのは、生きている証拠です。

 先に紹介した『メリーゴーランド』とともに、仕事で落ち込んだときに、気持ちを軽く元気にさせてくれる作品だった。
「会社のためじゃなく、自分のために仕事をしよう! 」
 そう勇気づけられる作品だった。

 ところで主人公の涼平は、「やっぱ、ユニバーサル広告社のほうにしときゃぁよかったかな、再就職」とこぼす。ユニバーサル広告とは、『オロロ畑でつかまえて』や『なかよし小鳩組』のドタバタ劇を演じた倒産寸前の零細代理店。主人公は会社の見る目がないようだ。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • blogram投票ボタン
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]