忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 藤沢周平 > 刺客―用心棒日月抄

刺客―用心棒日月抄 ( 藤沢周平 )

 藤沢周平著「刺客―用心棒日月抄」を読んだ。
 前藩主毒殺の黒幕の宿望が膨れあがる。江戸の藩隠密組織嗅足組に放たれた五人の刺客。江戸嗅足組助勢の密命を帯びた青江又八郎は、再び江戸に舞い戻り、用心棒を続けながら刺客との対決する。

刺客―用心棒日月抄 (新潮文庫)
刺客―用心棒日月抄
著者:藤沢 周平
出版社:新潮文庫
おすすめ度:
Amazon.co.jp で詳細を見る

 お気に入り度:★★★★★

あらすじ

 藩主毒殺に関わる文書を狙う幕府隠密、その文書をもつ大富静馬との闘いに勝ち、文書奪還に成功した青江又八郎。
 辛苦の働きにも関わらず例によって褒美もなく、旧録の馬廻り組百石に戻された不満はあったものの、帰国して半年、妻由亀との暮らしは平穏で幸せだった。
 ところが又八郎に再び『災難』が降りかかる。
 前藩主毒殺の黒幕は、藩主の座を狙い、藩隠密嗅足組の抹殺するため、江戸に五人の刺客を放った。
 昨年の文書奪還で江戸嗅足組に助けられた又八郎は、今度は借りを返せとばかりに江戸嗅足組助勢の密命を受けたのだ。
 かくして又八郎は、再び藩を脱藩。用心棒で糊口を凌ぎながら、刺客との対決を始めるのだった。

書評

 用心棒日月抄シリーズ第三弾。
 今作も、前作「孤剣―用心棒日月抄」同様、密命で脱藩する羽目になり、藩からの支援は一切なし。青江又八郎は、用心棒で暮らしを立てながら、命を果たすため奮闘する。

 例のごとく、しもた屋のような店構えにもかかわらず江戸第一の格式を誇るような口振りで、割の良い仕事を紹介したときには、胸を反り返らせる口入れ屋の吉蔵や、酒好きで六人の子がいる豪快な用心棒仲間の細谷源太夫との交流はユーモアに溢れ、用心棒や密命に関わる緊迫の場面が読進欲を誘う作品となっている。

 こう書くと、これまでの作品と変わり映えのしない内容かと思われがちだが、五人の刺客との緊迫した闘い、死地を共にくぐり抜けた佐知との深まる交情、これまで又八郎が経験してきた辛苦に一区切りがつく驚愕の展開が用意され、満足度はこれまでで最高。
 続く第四弾にどのような展開が待っているのか、非常に期待させる内容だった。

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]