忍者ブログ

Reading Books [ 書評・ブックレビュー ]

Home > 藤沢周平 > 静かな木

静かな木 ( 藤沢周平 )

 藤沢周平著「静かな木」を読んだ。
 心身のリズムと幸福に呼応しあう幸せ。


 お気に入り度:★★★★★

 やっぱり藤沢周平の作品が好きだと思う。
 本書に収録の三つの短編は、どれも短くシンプルな物語。
 もはやこれで十分だと思う。

 余計なものが省かれた文章の心地よさ。
 心をマッサージしてくれる、丸みを帯びた喜怒哀楽の気持ちよさ。
 繊細な心の動きが的確に伝わってくる比喩の巧みさ。
 すべてが呼吸しているかのように、自然と自分の中へ入ってくる。
 “狐”のペンネームで『水曜日は狐の書評』などを書いた山村修は、著書『遅読のすすめ』のなかで、こう言っている。

「読むということが、人間の営みの一つであるかぎり、それは歩くとか食べるとかいうこととおなじく、私たちの持っている生体のリズムにかかわることではないか。(略)目で文字を追っていくと、それにともないながら、その情景があらわれてくる。目のはたらき、理解のはたらきがそろってくる。そのときはおそらく、呼吸も、心拍も、うまくはたらき合っている。それが読むということだ。読むリズムが心地よくきざまれているとき、それは読み手の心身のリズムと幸福に呼応しあっている。読書とは、本と心身とのアンサンブルなのだ」(第一章 ゆっくり読む P32~P37より)

 藤沢作品を読んでいるときの感覚は、まさにこれだった。
 そして読み終わったあとも、アンサンブルの幸福感は続く。
 用事があって家を出て、「ああ、よかったな」と思い出し、幸福感に浸りながら自転車のペダルを漕ぐ。
 そしてペダルを漕ぎながら、「よかったなぁ」と思い出す。
 ペダルのリズムまで呼応して、読後の幸福感は続いていく。

 ところで、藤沢周平中毒の立川談四楼は、巻末の【海坂藩の地図】で、中毒者らしいことを語っている。
「私は未読の藤沢作品を数冊残している。すべて読んでしまったあとの淋しさを考えてのことである」

 自分もそういう思いで藤沢作品としばらく距離を置いていたが、例の幸福感に抗しきれず「静かな木」を手に取った。

岡安家の犬

 岡安家で可愛がっている赤犬のアカが鍋にされた。
 岡安甚之丞は、親友の野地金之助と絶交し、金之助と妹・八寿の婚約も破談。
 金之助が「犬鍋をやるから喰いにこい」というので、甚之丞は喜んで食べにいったのだが、食べ終わったあとで、「いま喰ったのは、貴様の家のアカだぞ」と告げられたのだ。

 飼い犬が鍋にされ、しかもそれを喰ってしまうという衝撃的な出来事で始まる物語だが、全体的にユーモラス。
 アカ鍋事件の結末に、金之助の誠実で意地っ張りで滑稽な人柄を見た八寿の心は、たちまち親近感と幸福感に満たされる。
 その幸福感は読む側にも伝わってきて、幸せのお裾分けをもらった気がした。
 祖父・十左衛門と老犬アカの、微妙な距離感の思い出も快い。

静かな木

 隠居の布施孫左衛門は、婿にいった邦之助の果たし合いを知った。
 その相手は、かつて孫左衛門に不始末を助けられたあと、中老になった愚物・鳥飼郡兵衛の息子である。
 孫左衛門は、過去の真実を脅しの種に、郡兵衛に果たし合いの停止を求めた。

 葉の散った老欅を自分に重ね、気力の落ちた孫左衛門の再生物語。
 果たし合いの一件から思わぬ活力を得て、若葉が芽吹く老欅も悪くないと思い始めた、心境の変化は清々しい。
 ところで、孫左衛門とともに郡兵衛の不始末の尻ぬぐいをした寺井権吉も、過去の真実を知る一人。
 その彼を襲う刺客に、見事きまった寺井の手詰めも気持ちいい。

偉丈夫

 本藩海坂藩と支藩海上藩の間で、百年以上も前から続いている境界争い。
 年に一度、両藩からしかるべき人物が選ばれ、掛け合いの論戦が展開される。
 海上藩に属する片桐権兵衛は、その堂々たる体躯と、人並み外れた寡黙さが相手方を圧倒するという理由で、代表に選ばれた。
 ところが権兵衛の顔色はひどく悪く、それを聞いた妻は青ざめた。

 偉丈夫の片桐権兵衛が顔色悪く、妻が青ざめる理由を言ってしまいたい。
 しかし、これが物語の面白さにつながっているので明かせない。
 こんなに面白いのに話せないもどかしさ。
 権兵衛が、この大役をどう果たすのかが見ものである。
 ところで、支藩の海上藩が描かれたのは、この作品だけだろうか。今まで読んだ作品では見ていないが。
 ちなみにこの作品が、藤沢周平最後の短編らしい(巻末【海坂藩の地図】より)

スポンサード リンク

コメント

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
コメント
※コメント欄に表示されている文は認証ワードになっていますので、削除せずにそのままコメントをご記入ください。

ページトップへ

プロフィール

profile
HN:yososuzume
星新一と藤沢周平中毒者。
ミステリー・サスペンス、ホラー、歴史人物、ユーモアなど幅広く読んでいます。

Twitter:@yososuzumeをフォロー

mail

PR

アーカイブ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
  • にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  • 池波正太郎
  • 藤沢周平作品を語ろう
  • 本好きPeople

Copyright c2008 Reading Books All Rights Reserved
忍者ブログ [PR]